東京の質屋のお得意さん

東京の質屋のお得意さんは若い女性?

東京の質屋どんなところ?

東京の質屋のお得意さん

バブル絶頂期、この時期が一番質屋が忙しかった時期といわれます。

このころからでしょうか。

プレゼントなどの高価なものでも、ほかの人からもらってもうもっていたり、自分で購入して同じようなものがある、という場合などに、そのもらったものを質屋にもっていき、現金に換えて、また新しいブランド品を購入するという姿が、メディアでもよく見られるようになりました。

同じようなものを持っているのなら・・・使わないようなものなら、持っていても仕方ないでしょ?ということで、現金にしてもらい、また新しいものを購入する。

こうしたことに多く利用されるようになったのは、たぶんバルブのころからだと思います。

東京でも質屋というと、今はイコール、若い女性が多いというイメージがあります。

昔は年齢がある程度いった方が多かったというイメージがありますが。

東京以外でもそのほかの地域でも同じようです。

バブル以降、生活費のために訪れるという方も多くなっていますが、でも、やはり若い女性たちの姿が多いと感じます。

不況の世の中でも、ものがあふれている時代です。

あるところにはあるんですね、お金が(笑)。

どんな時代でもなくてはならない存在が、質屋なのかも知れません。

■ おすすめサイト ■
京都アートフリーマーケット

Copyright (C) www.mcgowansuniquerealty.com. All Rights Reserved.

東京の質屋どんなところ?